赤ちゃん ミルク 水

赤ちゃんのミルクに適したお水とは!

特に、赤ちゃんが飲むミルクに使う水だから、絶対に安全な水にしたい。

 

確かに! ではまず、一般的に赤ちゃんのミルクに適した水とは、どのようなものなのでしょう?

 

赤ちゃんのミルクには、必要な栄養素やミネラルが全部含まれています。

 

ですから、赤ちゃんの水として売られている水は硬度0に近い純水で、ほぼミネラルが含まれていないピュアウォーターです。

 

理由は、必要なミネラルがミルクに含まれているので、水にミネラル分が多いと、未発達な赤ちゃんの内臓にはミネラル過剰になって体調を崩したりする可能性があるからです。

 

大人でも海外のミネラル分の多い硬水を飲むと、お腹を壊す人も少なからずいます。

 

ですから、特に赤ちゃんのミルクの水には、ミネラル分がほぼ無い純水か、ミネラル分の少ない軟水が適しています。

 

 

水が軟水か硬水かは、水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどの量によって決る水の硬度で判断できます。

 

実は、水の硬度については、各国で基準があります。

 

しかし、世界基準としては世界保健機構WHOの基準(アメリカ基準と同じ)があり、

  • 軟  水 硬度0〜60未満
  • 中軟水 硬度60〜120未満(中硬水という表現も有)
  • 硬  水 硬度120〜180未満
  • 高硬水 硬度180以上

に分けられています。

 

赤ちゃんのミルクの水としては、一般的に軟水が適していると言われていますので、中軟水もダメではありませんがより良いのは硬度60未満の水ということになります。

 

日本の水道水は、「全国平均では水の硬度50の軟水」で、そのまま飲める世界の中でもトップクラスの質のいい水(軟水のミネラルウォーター)です。

 

赤ちゃんの粉ミルクを製造している会社でも、標準的な日本の水道水を使うことを前提にしています。

 

しかし、ここで少し心配事がいくつか・・・

  • 日本の水道水の硬度は平均50の軟水ですけど、日本全国どこでも同じ?
  • 水道水の残留塩素は大丈夫?
  • 水道水のトリハロメタンは大丈夫?
  • マンション・アパートの屋上貯水タンクからの水道水は大丈夫?

 

これから、そのようなことについて一つ一つ紹介してみたいと思います。

赤ちゃんのミルクの水に、日本の水道水の硬度は大丈夫?

赤ちゃんの粉ミルクを造っている大きな会社でも、おすすめしている赤ちゃんのミルクに適した水というのは「標準的な日本の水道水」です。

 

そして、先ほど日本の水道水は、全国平均で硬度50程度の軟水で、世界でもトップクラスの質のいい水ですと紹介しました。

 

ということで、赤ちゃんに適した水としての、日本の水道水の硬度について少し細かく見てみたいと思います。

 

結論からいうと、

 

日本の水道水の水の硬度は、地域レベルで見るとバラバラですが、一部を除きほぼ「軟水」〜「中軟水(中硬水)」に入ります。

 

しかし、一部の地域では浄水場の原水が硬水や高硬水の地域もあるそうです。

 

この情報は、下の日本石鹸洗剤工業会のサイトのものです。

 

日本全国5,239浄水場の中で、硬度120未満の軟水〜中軟水の浄水場は4,931ヶ所で、全国の浄水場のほとんど、約94%は軟水だそうです。

 

しかし、浄水場の原水が硬水なのが190浄水場で、硬度180以上の高硬水なのが118浄水場と、6%未満ですが、日本にも硬水の地域は存在しました。

 

下のサイトの硬度180以上の高硬水地域の地図は、社団法人日本水道協会の「平成16 年度水道統計水質編」から抜粋したデータからの地図とのことです。(残念ですが硬度120以上の硬水の地域の地図はありません)
★日本石鹸洗剤工業会サイト
 http://jsda.org/w/06_clage/4clean_208-2.html

 

浄水する前の原水の硬度ですが、浄水場で浄水された結果、家庭の蛇口レベルでは水の硬度が変わることもあるようです。

 

ただし、洗濯やお風呂で使う水が硬水の場合、石鹸や洗剤の泡立ちが悪くなるそうですので、家庭の水道水の場合そのようなことでも軟水か硬水よりかが分るかもしれません。

 

 

上の高硬水地域の地図は平成16年と少し古いものでしたが、最新の水道水の硬度については、こちらで確認できます。

 

★水道水質データーベース
 http://www.jwwa.or.jp/mizu/

 

県毎のpdfを開くと、一番上に県、その下に市、色々な項目の下1/3あたりに「カルシウム、マグネシウム等(硬度)」の項目が、水道水の硬度になります。

 

また、

  • 「○○○市 水道水 水質検査」
  • 「○○○市 水道水 硬度」
  • 「○○○市 水道水 放射性物質」

で検索すると、

  • 水源(浄水場)ごとの最新の検査結果(水の硬度も)
  • 水の硬度
  • 水道水の放射性物質検査結果

などが公開されているので市が公表しているものが確認できます。

赤ちゃんのミルクの水に水道水の残留塩素は?トリハロメタンは?貯水タンクの水は?

ここでは、赤ちゃんに適した水としての、日本の水道水の残集塩素、トリハロメタン、そしてマンション・アパートの貯水タンク式の水道水について少し考えてみたいと思います。

 

なお、残量塩素やトリハロメタンなどについては、各市の水道水の水質検査で公表されているものがネットでも多数確認できます。

 

上でも紹介しましたが、赤ちゃんの粉ミルクを造っている大きな会社でも、おすすめしている赤ちゃんのミルクに適した水というのは「標準的な日本の水道水」です。

 

しかし、一般的に水道水は煮沸させてからミルクに使うといわれますが?

 

一つの理由は、水道水の殺菌に使って残っている「残留塩素(カルキ)」を取り除くため!

 

日本でも水道水として提供するための法律(水道法)があり、給水栓(蛇口)から出てきた水道水に0.1mg/リットル以上の遊離残留塩素が含まれている程度に塩素消毒(殺菌)するように定められています。(更に消毒が必要な地域の水は0.2mg/リットル以上)

 

これに対して残留塩素の上限の法律はありませんが、厚労省の「水質の基準項目と基準値」というもので、提供する水道水の水質の目標基準値が発表されています。

 

残留塩素の、「以前の上限目標値は1.0mg/リットル」でしたが、平成27年4月の厚労省水質基準値(目標値)では遊離残留塩素は0.6mg/リットルに下げられています。

 

つまり、衛生上の理由から家庭の蛇口から出た水に、規定された数値の残留塩素が無い場合は、水道水として提供できないという法律になっています。

 

 

ちなみに、東京都では 「下限0.1mg/L〜上限0.6mg/L」 で、実際は「0.1〜0.3mg/L」で水道水を提供しているそうです。

 

話は変わりますが、塩素で気になるといえば、肌や髪の毛に良くないと誰もが知っているプールに含まれる(殺菌のための)塩素です。

 

この濃度も厚労省で決められていて、遊離残留塩素0.4〜1.0mg/Lと、以前の水道水の上限目標と同じだったのは驚きます。

 

先ほどの、東京都の例をみても、理想的な水道水の残留塩素濃度は0.1〜0.3mg/リットルくらいなのかもしれません。

 

そしてこれらの 「残留塩素(カルキ)は、水道水を一旦煮沸することで、すぐに気化して抜けます」 ので、赤ちゃんのミルクの水として使うことが出来ます。

 

実は、ミルクの水には水道水を「蓋をしないで10分程度煮沸させた水道水」がいい!

 

もう一つの理由は、水道水に含まれるトリハロメタンを取り除くために必要な時間!

 

残留塩素のカルキは、一旦煮沸させるとすぐに抜けていきますが、トリハロメタンを抜くためにはある程度の時間煮沸する必要があります。

 

トリハロメタンというのは何なんでしょう?

 

浄水場の原水に含まれる有機物と、塩素消毒の塩素が反応して、副産物として発生してしまう物質です。

 

トリハロメタンについては、厚労省の水道水の水質基準にも定められていて、全ての水道水はこの基準を下回っています。

 

言い方を変えると、
「厚労省では好ましくない物質のトリハロメタンを規制していますが、塩素消毒の副産物なので、基準の量を下回る量ですが必ず水道水に含まれている」
ということではないでしょうか。

 

ただし、このトリハロメタンという物質は、残留塩素と違って煮沸ですぐに蒸発しないものの、蓋をはずした状態で煮沸すると、10分以内にほとんどが抜けていくとのことですので、水道水は蓋をしないで少し長めに煮沸してから使った方がいいです。

 

水道水は、特別な地域を除いて3階以上の部屋へ水道水を供給する場合は、地下の受水タンクへ貯めた水道水をポンプで、屋上の貯水タンクへ汲み上げて、屋上の貯水タンクから各階の部屋へ、水道水を供給するようになっています。

 

これにより、3階以上のマンションやアパート、ビルなどでは、屋上に貯水タンクがあるのを良く目にします。

 

理由は、水道管への水圧の関係で3階以上では、蛇口から出る水道水の水圧が弱くなり、不便を感じるからです。

 

ただし、特別な例として東京都などでは、3階以上⇒4階以上になっていますし、「貯水タンク方式」の他に「増圧直結方式」という水道水の圧力を上げる装置を付けて、そのまま水道水を上の階へ供給する方法も都の水道局で紹介されています。

 

ここで、問題になるのが、「貯水タンク方式」の受水タンクと貯水タンクの衛生問題です。

 

都道府県(市区町村の場合も有)の公式サイトでも、マンションやアパート、ビルなどの管理者に水道水の衛生状態を保てる受水タンクと貯水タンクの衛生管理をキチンとするよう求めています。

 

これについては、水道水ではなく個々のマンション、アパート、ビルの管理状態のことなので、キチンとしているところもあるでしょうし、そうでないところもあるかもしれませんので、この件についてはココではなんとも言えません。

 

今の段階では、「水道水が貯水タンクを通さずに直接蛇口から出て来る場合」は、地域的な水の硬度の件はありますが、ほぼ問題ないでしょうとしか言えません。

 

ただ、「水道水が赤ちゃんのミルクの水にどうなのか」ということを考えると、このような問題の可能性もあるのではないかと思います。

赤ちゃんのミルクのお水に使える水のサーバー!

今までは、赤ちゃんののミルクの水に、日本の水道水はどうなのかを見てきました。

 

しかし、震災以降水道水ではなく水のサーバーを、赤ちゃんのミルクの水に使用している人が増えています。

 

これは、水の安全性ということもありますし、沸かす手間も要らず、いつでもすぐにミルクを作れる手軽さ、そして、ペットボトルのミネラルウォーターと違って定期的に届く手軽さが人気のようです。

 

そこで、赤ちゃんのミルクの水に適した水のサーバーを比較してみました。

 

 

赤ちゃんは、内臓が未発達なので、ミネラル分の少ない軟水がいいとのことで、水の硬度が0に近い赤ちゃん用の純水(ピュアウォーター)も売られています。

 

水のサーバーでも、天然水ではなくRO膜(逆浸透膜)を使って、ろ過したRO水がそれに近いものになります。(イオン交換は未処理)

 

水のサーバーの中では、下の一覧表にもあるほぼ純水と言ってもいい「硬度1.05」のアルピナウォーターもしくはハワイウォーター以外にありません。

 

【選定基準の参考です!】

 

純水に近い水という選定基準だと、選択幅が狭すぎるので、厳しく見た軟水というのを選定基準にしてみました。

 

赤ちゃん用のミルクの水には軟水を使うというのが一般的ですが、その軟水でも硬度0〜60の幅があります。

 

そこで、水の硬度については軟水(硬度60未満)に該当する水のサーバーの中でも、約半分の硬度30までと選定基準を厳しくしました。

 

 

また、バナジウム水やシリカ水というのもありますが、含まれる量が少ないので水の硬度が低いと大丈夫という評価もありますが、赤ちゃんには良くないという評価もあり、分かれていますので厳しい条件として省くことにしました。

 

 

加えて、水のサーバーを使っている妊婦さんやママさんの口コミを確認した(このような)意見も踏まえて選んでみました。

 

妊婦さんや子育て中のママさんの水サーバーでの体験では、水のセットがしやすいとすごく助かるという意見も多いです。(水ボトルをサーバーの下へセットできるものや、軽量水パックを上位に)

 

また、子供の焼けど防止のための温水チャイルドロックは今常備されていますが、子供のイタズラにより冷水で床を水浸しにされることもシバシバという意見もよく聞かれます。(冷温チャイルドロック付を上位に)

 

これらを選定基準の参考にして、

▼赤ちゃんの水の選定基準(数字は重要度順)
  1. 定期的な放射性物質検査の実施
  2. 水の硬度30以下で、バナジウム・シリカ無し
  3. 水がサーバーの下へセットもしくは軽量水パック
  4. 冷温チャイルドロック付き
  5. 清潔さを保つための自動クリーンシステムサーバー
  6. 経済性の節電サーバー

全部を満たすのは難しいですが、可能な限り条件に合うものを上位にしています。

 

★水サーバー会社名をクリックすると公式サイトで確認することも出来ます。

 

*表の上が上位、下が下位の順です。

名 称

放射能検査

水の硬度

水のセット・ボトル

チャイルドロック

サーバー機能

コスモウォーター RO水
 プレミアムRO水・らく楽サーバー

2ヶ月毎検査 硬度15

12Lボトル
ボトルはサーバー下にセット

冷・温 有

自動クリーン機能付き
節電サーバー

フレシャス 天然水
 フレシャス木曽

毎月検査 硬度20

7.2L軽量水パック
パックはサーバー上にセット

温水のみ

自動クリーン機能付き
節電サーバー

サントリー天然水
 南アルプスの天然水

毎月検査 硬度30

7.8L軽量水パック
パックはサーバー上にセット

冷・温 二重ロック有

自動クリーン機能付き
弱温・弱冷で節電可

           
アルピナウォーター RO水 毎月検査 硬度1.05

12Lボトル
ボトルはサーバー上にセット

希望で冷・温可

2年でサーバー交換
節電機能なし

ハワイウォーター RO水 定期的検査 硬度1.05

12Lボトル
ボトルはサーバー上にセット

希望で冷・温可

2年でサーバー交換
節電機能なし

うるのん RO水
 やわらか水

月数回検査 硬度22.4

12Lボトル
ボトルはサーバー上にセット

冷・温 有

3年毎にサーバー交換
内部クリーン機能付も有
節電サーバー

クリクラ

 RO水+ミネラル添加

毎月検査 硬度30

12Lボトル
ボトルはサーバー上にセット

希望で冷・温可

年1回有料サーバーメンテナンス
節電サーバー


この比較表は、下の「水サーバーの厳選12社比較サイト」から抜粋したものです。
電気代など全てを含んだ年間総費用の比較もしていますので、費用的な比較は下のサイトで確認してください。(2017.7にサイトの内容を更新しています)

 

この水サーバーの厳選12社比較サイトで確認してみてください。

赤ちゃんのミルクに安心な水とともに 「安心な食材」も!

 

●お水だけじゃなく安心・安全な食材・食品の宅配ならネットスーパーの「おいしっくす」がママさんに人気です。
「食品添加物」「放射性物質」は検査でチェック済みで、「農薬も出来るだけ使わないものだけ」に、こだわった安心で安全な食材だけを選んで宅配しているネットスーパーてす。
まずは 「お試し1,980円(11品)送料無料」 から↓
有機野菜

 

 

「赤ちゃんを応援」赤ちゃんのミルクの水

●忙しいママさんへ、安心で安全な食材を届ける、生協のネットスーパー「パルシステム(宅配)」も人気があります。
「資料請求」 は、コチラから↓
生協 宅配